みんなで行こう極楽浄土

igoku Fes2018開催決定!


 

今年2月、アリオス中劇場に満員の来場客を動員した「igoku Fes 2018」。あの興奮が再び、いわきアリオスにやってくる。しかも、かなりパワーアップして!!!!!!!

2018年9月7日&8日の2日間、「igoku Fes 2018」開催決定!

イベントの名称は同じですが(だって今回も2018年なんだもん)、今回はなんと前夜祭を含めて2日間のフェス。テーマは「極楽浄土」。前回は「死んでみる」をテーマに入棺体験などのプログラムを実施しましたが、私たちはigoku Fesで一度死んでいる状態ですので、今回私たちが目にするのは、死後の世界、つまり「極楽浄土」ということになります。

平中央公園を会場に開催される前夜祭には5組が登場。

コンテンポラリーダンスユニットの「んまつーポス」、地元いわきで活躍する即興演奏集団「十中八九」、いわき市平泉崎のじゃんがら、現役和尚2人によるブッダ・サウンド(お経+ミュージック)のユニットTariki Echo、そして大トリは、震災後、いわきに度々足を運び、楽曲やMVを制作してきた蔡忠浩(bonobos)の5組です。

 

さーらーに、前夜祭や「露店」が充実。いわき市内のつどいの場の料理を味わえるブースや、あの人気店のあの料理、さらにはあれやこれ、他のイベントでは味わえない、igoku Fesだからのラインナップになっております。追加情報をお楽しみに。

 

-2日目「本公演」ラインナップ

2日目、いわきアリオスでの本公演には、3つのプログラムが予定されています。まずは昨年に引き続き、写真家・平間至さんのポートレート撮影。さらに、特別プログラムとして「認知症VR体験」を実施。仮想現実を利用して、認知症の理解を深めようという活動を続ける株式会社シルバーウッド代表の下河原忠道さんご本人が来場し、講話をいただきながらVRを体験します。

いごくステージ公演では、昨年に引き続き演芸が充実。我らがレジェンド、ケーシー高峰師匠に加え、今年は落語家の立川志獅丸も参戦決定。即興演劇集団のロクディムも脇を固める豪華布陣で、笑いに肥えた皆さまを待ち受けます!!!  igoku表彰式には、いわき吹奏楽団の皆さまにもお越し頂くことになるなど、これはもう昨年をはるかに上回るフェスになること必定!!

 

 

いわき市の高齢者福祉行政を担う、いわき市地域包括ケア推進課、さらに、いわき市内で医療福祉に関わる者たちが、誠心誠意対応させていただきます。仮に現場で気を失ってしまったとしても、医師や看護師が迅速対応。介護に長けた人間が、お年を召した方やキッズたちの来場を心待ちにしています。どうぞ、お気軽にお越し下さい。

みんなで笑いあって、生老病死をゆるやかに受け止めて、幸せになりましょう。

参加には「ご予約」が必要です。①電話予約(0246-22-1202)、②フェイスブックのイベントページで参加表明(今後お知らせしていきます)、③いごくフェイスブックページへのお問い合わせ、以上3つの方法でご予約できます。席の確保はお急ぎ下さいませ。

ご予約、お待ちしております!

 


公開日:2018年08月01日

igoku Fes 2018

日時:2018年9月7日(金)前夜祭@いわき中央公園
   2018年9月8日(土)本公演@いわきアリオス
出演:前夜祭:んまつーポス、泉崎青年会じゃんがら念仏踊り、十中八九、Tariki Echo、蔡忠浩(bonobos)
   本公演:平間至、下河原忠道、ロクディム、立川志獅丸、ケーシー高峰
主催:いわき市地域包括ケア推進課
問い合わせ:いわき市地域包括ケア推進課(0246-22-1202)